看護師の転職は売り手市場ですが必ずしも順風満帆とはいきません。むしろ看護師不足を少しでも解消する為に出来るだけ都合良く看護師を雇いたい雇用側と、目標を叶えたい・負担無く働きたいといった看護師の希望が合わず、満足できない転職になる事も珍しくはありません。この不景気の中でも引く手あまたの状況が羨ましがられる看護師ですが、転職を成功させるのはなかなか大変なんですね。

そんな看護師が転職に失敗しない為には「自分の希望をしっかり伝える事」が大切です。看護師の転職失敗例を見ると面接で雇用側のペースに飲まれしまい、ついつい避けたかった夜勤や残業も了承してしまった…そんな方が非常に多いです。また希望の診療科があったのに「新しい事に挑戦してみない?」と、予定していなかった診療科へ配属されてしまう事もあります。

看護師の面接では募集内容と異なる内容を説明される事も多く、いかに自分の意思を貫くかがポイントになります。流されるままに採用されてしまう看護師は何度転職を繰り返しても希望の職場に巡り会う事は出来ないんですね。

国立病院だから、公立病院だから、大学病院だから…といった理由で働く病院を決めた場合、意外と失敗するケースが多いのをご存知ですか?確かに国立や公立病院は安定していて安心ですし、大学病院は看護師としてのスキルアップが可能です。

しかし例えば国立病院や公立病院は異動がありますし、古い体質を受け継いでいるといった独特の雰囲気を持つ病院が多いです。民間病院から転職をした場合は違いがよく分かる為、なかなか馴染めず苦労をする方が多いです。

また大学病院は研修や教育制度が整っているものの、かなりハードな職場の為に若い看護師でも体力の限界を感じる方が多いです。スキルアップを目的に転職をしてみたけれど続かなかった、というケースも珍しくはありません。

公務員になれるから・名の知れた病院だから、という理由で安易に病院を決めるのではなく、どんな病院もメリットとデメリットを考えなくてはなりません。安定していて有名な病院でも自分にとって良い職場かどうかは分からないのです。

スキルアップの為の転職が失敗するケースは実は意外と多いです。もっと学びたい・もっと色々な経験がしたいといった理由で転職をしても、相応しい医療機関ではなかった場合は後悔する事になります。

例えば「大きな病院ならスキルアップが出来る」と転職をしても、実際には古い体制や治療方法がまかり通っていて学ぶ事が殆ど無かった、というケースは珍しくありません。また医師の不足から規模の割には十分な治療が出来ず、難しい患者さんには別な病院を紹介して簡単な治療しか受け入れていない、といった事もあります。他にも救急外来が有りながら救急の患者さんはサッパリ来ない、そんな病院もあるのです。

思っていた病院とは違った場合、当然ですが望んでいたスキルアップは叶わないでしょう。これらの転職失敗例は全て病院の情報収集が不十分だった為に起こった失敗です。入職前に職場の全てを知る事は不可能ですが、規模や知名度に騙されず、出来るだけ内情を知ってから転職をする必要がありますね。

大学病院や総合病院への転職で失敗する例として「希望の部署に配属をされなかった」というのがあると思います。恐らく看護師なら一度くらいは経験した事があるのではないでしょうか。

複数の診療科を抱える大病院は、どうしても希望される部署と人員に偏りが出てしまうものです。人気の高い診療科もあれば人気の低い診療科もあります。全ての看護師の希望を叶えていると人員が不足する部署が必ず出て来る為、誰かが希望しない部署に配属される事になるのです。

何処でも看護師として頑張りたいと考えている方なら問題無いでしょう。しかし目標や興味を持つ分野が限られている方は配属希望が通らなかった時に入職を悩む事が多いです。無理に転職を決めても良くない結果になるケースが珍しくは無い為です。

希望の部署に配属され易いか・否かは、その時の病院の内部事情によって変わって来ます。転職サイトを利用すれば情報を得る事が出来るのですが、利用しなかった場合には希望が通らずに失敗する事が多いですね。

転職先を選ぶ際は給料やボーナス、そして勤務時間、残業や夜勤の有無等は誰でも確認をするかと思います。これから長く働く事になるかもしれない職場について、働きやすさや収入で選ぶのは当然の事ですよね。

しかし良い職場を見つけようと思うのであれば上記の事柄だけでは不足と言えます。多くの方は入職前から退職時の事を考えませんが、いずれ必ず辞める事になるのですから考えておくべきでしょう。

例えばクリニックでは退職金が無い所が結構多いです。退職金が無い場合はその分を給料に上乗せしている所も多いですが、将来に備えて自分でしっかり貯蓄計画を立てねばなりません。辞める時になって初めて退職金が無い事に気付く方も居るので事前にきちんと確認をしておくと良いでしょう。

定年まで働くにしろ、数年で退職をするにしろ退職金が有ると無いのとでは大きく変わります。そして勿論支給される額も重要なポイントです。看護師の退職金は職場によって大きく差があるので失敗しないようにしましょう。

保健室求人は看護師の転職先としては上位に入る人気の求人です。しかし求人件数はあまり多くありませんから、求人が出回る時期を見極めて重点的に転職活動を行なわねばなりません。

保健室看護師の求人が出回る時期は一般的に年度替り、そして夏や冬のボーナスが出た後ですね。ただ女性が多く勤める保健室は、出産や育児で時期に関係なく退職される看護師も実は結構多いです。なので突発的な求人にも対応出来るように準備をしておくのが良いでしょう。

求人を逃さず知る為には転職サイトを賢く利用するのがお薦めです。自分で企業・学校・保健師全てにアンテナを張ってスタンバイ出来るなら不要ですが・・・現実的に不可能と思います。餅は餅屋と言いますが、求人情報の収集は転職サイトに任せておくのが楽ですし確実なのです。

また求人を待つ間には日本小児保健協会労働保健協会等、自分が保健室看護師として働きたい分野での情報収集やスキルアップを積極的に行なっておくのをお薦めします。

保健室看護師求人.com|大学・企業で働くためのQ&A

転職の際の求人探しの方法を皆さんはどうしていますか?求人と言えばハローワークが有名ですから利用されている方は多いでしょう。しかしハローワークに掲載される看護師求人は極一部ですし、条件の良い求人は滅多に見付かりません。また看護師の職場に詳しいアドバイザーも勿論居ませんから有益なアドバイスを受ける事も出来ません。

看護師協会が運営するe-ナースセンターもあまりお薦めではありません。扱う求人件数はそれなりですが、ハローワークと同じ様に詳細情報を得る事が出来ません。また一般的な求人が殆どで、珍しい求人や好条件の求人もあまり見付ける事が出来ないですね。

このようなハローワークやe-ナースセンターを利用して求人探しを行なった場合、やはり転職に失敗する確率は高くなっていますね。魅力的な求人も得られる情報も少なければ理想の職場を探すのが難しいのは当たり前と言えるでしょう。転職を成功させるにはとにかく情報量ですから、転職サイトを利用して求人探しを行なうのがベストと言えます。

いくつか転職の失敗例を書いて来ましたが、転職失敗には共通する理由があるものです。まず最も大きいのは「情報不足」があるでしょう。転職を成功させるには出来るだけ多くの求人情報を集める事が鉄則で、またそれぞれの募集内容だけでは得られない内部事情もしっかり調べ上げる必要があります。面接では良い印象だったが入職してみると想像と違っていた・・・という話は非常に多いので、まずは細部まで十分に調べる事が重要なのです。

また転職が失敗する方に共通するのは「優先順位をよく考えていない」事があります。転職理由が給料アップなのか、スキルアップなのか、キャリアアップなのか、悩み解決の為なのか・・・?をよく考え、適切な職場を選ばなくては転職は成功しないでしょう。他にも失敗理由には「能力に合わせた職場選び」が出来ていない事もあります。どんなに理想的な条件でもキャパを超える職場では長く働き続ける事は難しいのです。

何度も転職の失敗を経験している方は、今一度自分の転職方法に付いて考えてみる必要があると思います。

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930